クレジットカードとデビットカードは何が違うのか

###Site Name###

クレジットカードとデビットカードはどちらもカード一枚で買い物をする事が出来ると便利な道具であるという点では同じですが、全く同じという訳ではないです。

まず、クレジットカードはリボ払い専用といったカードもありますが、一括払いや分割払い、リボ払いといったように様々な支払方法があり、カード発行会社が支払代金を保証する事によってカードだけで買い物を済ませる事が出来、後日カード会社からの請求に従ってカード会社に代金を支払う事になります。


クレジットカードの場合は銀行口座に現金が無くても買い物ができますが、それが便利であるという人もいれば心配であるという人もいます。

それに対してデビットカードの場合は代金の支払いは自分の銀行口座から即座に引き落とされるようになっているので口座にあるお金以上に使い過ぎてしまうという心配をしなくて済む代わりに一括払いのみで分割などで支払う事も出来ないです。

クレジットカードが気になる方に必見の情報です。

その他にはクレジットカードの場合は信用取引であり、カード会社は審査を行ってきちんと支払い能力があるかを確認しますので、場合によっては審査落ちしてしまう事も考えられます。

今年、最も指示を集めたクレジットカードに関してお困りですか。

それに対してデビットカードの場合は審査はあるものの審査落ちする心配はほとんど無く、15歳以上の年齢であれば作るのは難しくはないです。

なお、デビットカードはクレジットカードと同じブランドであれば同じ感覚で支払いが出来ますが、必ずしも対応しているとは限らないので使用できないケースもあります。